教育イノベーターたちが継続的に挑戦し学び続けられる活動できる環境を

テクノロジーの発達やグローバル化により、社会は急速な変化を続け、未来は不確実で予測しづらいものとなりました。そのような未来を人々がイキイキと生き続けるため、「教育」も社会とともに急速に変化し続けることが求められていますが、数十年前から教育の多くの部分は変化しておらず、業界同士の溝(営利/非営利、テック/アナログ、公教育/民間教育、大企業/ベンチャー・・等々)が深く「教育」は変化を起こしづらい状況にあります。我々は、未来を見据え、既成概念や溝を取り払い、時代に適したテクノロジーやインフラの利用、業界同士の協力など、柔軟なアプローチを促進することで、教育イノベーターたちが何度でもチャレンジでき、継続的にイノベーション活動出来る環境の構築を目指します。

コメントを残す